事故物件の家を売りたいときの裏ワザ


訳あり事故物件はお得な訳あり物件情報センター

事故物件となってしまった家を所有している方のケースでは、家を売りたいと考えていても、安く叩かれてしまうことを懸念する方も多く、取り壊しを行う方法を考える方もいます。
しかし、現在では事故物件でも家を売りたい時には効果的に利用できる方法や裏ワザ的な行動なども用意されているので、事前に把握した上で行動を決めることがおすすめです。
まずは、事故物件の場合では次の購入者に対して告知義務が生じているので、隠してしまった場合でも、後から損害賠償を請求されてしまうことがあります。
不動産の売買では瑕疵担保を含めて正しく告知することが必要になるので、隠して売ることだけは避けなければならない部分です。
では、どのように事故物件を売るかと言えば、不動産会社に告げた上で査定を行ってもらい、全てを不動産会社に任せる方法があります。
複数の会社に査定を依頼する方法で、高い価値を出している会社を見つけ出すことができます。
この方法であれば事故物件に精通している会社が名乗りを上げることになるので、室内を改修した上で売却を行う提案が行われる可能性があります。
また、裏ワザ的な内容としては、不動産会社や、所有者の親族などが一定期間を事故物件に居住する方法があります。
この方法であれば、次の購入者には原則として告知義務が生じないことになるので、そのまま価値を下げずに売ることもできます。
世間では、事故物件でも安く購入できることにメリットを感じる方が存在しているので、家を売りたいと考えている方でも無理なく売却を進めることは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA