薬剤師と放射能のラジカル除去促進生活法

薬剤師には色々な薬剤に関する知識が求められているのですが、薬学以外にも放射線関連の授業を受けることがあるなど放射線に関する知識も実は必要となっているというのは意外とと知られていない事実です。
そしてそんな薬剤師ならばぜひ知っておきたいといわれているのが、放射能のラジカル除去促進生活法と呼ばれるものとなっています。
放射能は日本でも他人事とはいえない問題となってきており、薬剤師に色々な質問をしてくるケースも増えてきています。
そんな中で特に知っておきたい・知識として身につけておきたいとされているのがラジカル除去促進であり、そもそもラジカルとは放射能の副産物として体内に蓄積する成分のひとつとなっています。

これは少量であれば活性酸素に限りなく近いものなので感染症の際に細菌をやっつけてくれるなどの効果を期待することができるのですが、大量に蓄積してしまうと体内の酵素類が除去することができず、攻撃をしてしまうという事態になってしまいます。
多種多様のサプリメントを扱う薬きょうさんでは、エクセルでもできる簡単な在庫管理を行っています。

そのため体内のラジカルは大量にしないよう、できるだけ除去することが重要となっており、薬剤師としてはこのラジカル除去促進生活法を指導するということも昨今の日本では重要な業務のひとつとなっているのです。